メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

漁師希望者、定着支援 地域外の若者確保へ 気仙沼市、石巻の社団法人と連携 /宮城

キックオフイベントで大漁旗を手に抱負を述べた菅原茂・気仙沼市長(中央)やフィッシャーマン・ジャパンのメンバーら=宮城県気仙沼市で

 東日本大震災後、就業者数の減少と高齢化に直面する水産業の担い手を増やそうと、気仙沼市は、一般社団法人「フィッシャーマン・ジャパン」(石巻市、FJ)と連携し、漁師希望者の定着支援を始めた。市内の漁業者はこの15年で約6割減少。地域外から新規に志す若者の確保が急務になっている。

 定着支援事業は、石巻市で新規就業者を迎えた実績のあるFJに気仙沼市が依頼し、希望者と地元の漁師をマッチングする。市とFJ、県漁協が参加。市魚市場前で早朝から入れる銭湯や食堂を運営し、漁師が暮らしやすい街づくりを目指す一般社団法人「歓迎プロデュース」が、就業希望者の相談窓口を引き受ける。

 10月に気仙沼市・唐桑半島で1泊2日の秋サケの刺し網を行う短期研修を行うほか、東京で開かれる就業支援フェアに出展。シェアハウスの提供など側面支援も充実させ、少なくとも3年は継続するという。

この記事は有料記事です。

残り627文字(全文1004文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 脳しんとうの力士が取り直し 土俵の安全性に警鐘 協会、初場所後に本格協議へ

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 警視庁担当記者が過激派「中核派」のアジトに入り、見た世界とは

  5. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです