メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の宝物

女優・吉行和子さん ドイツ製ドラゴンの置物 欧州でも好評の一人芝居 /宮城

 吉行和子さんの五つ目の宝物は、公演で訪れたドイツでプレゼントされた竜の置物だ。

 体長約25センチ。緑色の体に黄色の斑点、目の周囲や背中の突起などは赤色のカラフルな陶器製の竜で、大きく開けた口がどことなくユーモラスだ。

 「チェコ国境に近いフルトイムバルトという小さな町で頂いた品です。500年の歴史があるドラゴンのお祭りが有名な場所で、そこの市長さんが、私の『MITSUKO』という芝居を呼んでくださった時に、お土産で頂きました。見栄えがするので、大切に部屋に飾っています」

 「MITSUKO―ミツコ 世紀末の伯爵夫人―」は、吉行さんが1993年から2005年までライフワークとして続けた一人芝居だ。

この記事は有料記事です。

残り599文字(全文899文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  5. コロナ社会を考える コロナ禍にこそ文化芸術は不可欠だ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです