メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県、氷河期世代を支援 正社員になろう 8月31日に合同企業説明会 /埼玉

ニットの検品をする川村美恵さん(右)。希望のアパレルに就職できた=埼玉県川口市の太陽毛絲紡績で

 全国に先駆けて2019年度に氷河期世代(おおむね36~45歳)の正社員就職を支援した県は、20年度も「30代・40代でも大丈夫! 正社員になろうプロジェクト」を継続している。対象は氷河期世代を含めた30~40代で、非正規や無職だけではなく、新型コロナウイルス感染拡大により解雇や雇い止めに遭った人の就労も支援する。【山越峰一郎】

 県は求職者や求人企業向けに、対面とオンラインを併用したセミナーを行い、8月31日に合同企業説明会を開く。また19年度の経験を踏まえ、ミスマッチを防ぐために採用企業へ「定着支援アドバイザー」を派遣する。

この記事は有料記事です。

残り915文字(全文1181文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「心が騒ぐような情報からは距離を」 相次ぐ著名人の自殺報道、専門家が助言

  2. 長さ2mのバトン、掛け声は紙で、競技はテレビ中継…コロナ下の運動会

  3. 女優の竹内結子さん、都内の自宅で死亡 40歳

  4. 東洋紡工場で火災 爆発音後に煙、2人死亡 愛知・犬山

  5. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです