連載

コロナ禍を生きる

毎日新聞デジタルの「コロナ禍を生きる」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

コロナ禍を生きる

食品ロスの生産者支援 御代田町、Jリーガーの活動に賛同 信州味噌などサイトに出品 /長野

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「味工房みよた」の信州味噌をPRする「レスキューヒーロー」のサイト
「味工房みよた」の信州味噌をPRする「レスキューヒーロー」のサイト

 御代田町は、新型コロナウイルスの影響で、食べられる食品が廃棄される「食品ロス」が深刻化して生産者が苦境に立たされているのを支援しようと、Jリーガーが始めたプロジェクト「レスキューヒーロー」(https://rescuehero.net/)に賛同。地元の生産者が、休校で学校給食が中止になって在庫を抱えた信州味噌(みそ)などを出品している。

 レスキューヒーローは、J1北海道コンサドーレ札幌のMF荒野拓馬選手(27)が、新型コロナの影響によるリーグ中断中、北海道内の農園の窮状を知ってSNS(ネット交流サービス)を中心に連携を広げ、出荷できない食品の通販サイトを4月に開設。札幌の日本代表FW鈴木武蔵選手(26)ら全国のJリーガーに輪が広がり、好評を博している。

この記事は有料記事です。

残り385文字(全文716文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集