メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新旧「最古の石」展示 島根から一部寄贈、館名変更免れる 8月2日セレモニー 七宗「博物館」新装 /岐阜

島根県で見つかった国内最古の岩(手前)と、以前は最古だった、岐阜県七宗町で発見された岩(奥)=七宗町中麻生の「日本最古の石博物館」で2020年7月22日、花岡洋二撮影

 島根県津和野町で2017年5月に採取された岩が日本最古だと分かり、七宗町は半世紀近く守り続けた「最古の石の発見地」の座を奪われた。PRの中核を担ってきた七宗町中麻生の「日本最古の石博物館」は名称変更の危機を迎えたが、津和野町から寄贈された最古の岩の一部を目玉展示に加え、新装オープンした。8月2日午前9時、博物館でセレモニーを開く。【花岡洋二、竹内之浩】

 国内最古の岩は、広島大の研究チームが津和野町で見つけ、19年3月に発表した。約25億年前の「花こう片麻岩(へんまがん)」という。一方、七宗町の飛驒川では1970年に約20億5000万年前の花こう片麻岩が見つかった。町は96年に博物館を建て、この岩やカナダで発見された地球最古(約40億3000万年前)の岩などを展示してきた。博物館そばでは、20億年前の岩が見つかった景勝地「飛水峡」も観賞でき、人気…

この記事は有料記事です。

残り513文字(全文891文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 阪神大震災 命救う、今こそ 犠牲乳児抱いた中2の30分、看護師原点

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. 6歳で亡くなった娘「もう一度夢に出てきて」 阪神大震災26年、遺族が思い

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです