メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者と子育て・ときどき花

/6 農福連携に乗り出した 生かし合う先の幸せ /愛知

作業に汗を流す就労支援施設の利用者たち。施設責任者の男性(手前左)が仕切ってくれるので、指導に手間はかからない=愛知県武豊町で2020年6月25日、町田結子撮影

 夫(37)の農園は、ある悩みを抱えていた。これは農業界の共通の課題でもある。人手不足だ。

 繁忙期とそうでない時期がはっきりしているカーネーション栽培では、人集めは特に難しい。農園では現在、義母(66)と同世代のパートさん3人に来てもらっているが、収穫や苗の定植に追われる春先や初夏は猫の手も借りたいほど忙しい。逆に、植え付けが一段落する7月から収穫準備が始まる9月までは夫と義母で回るため、パートさんは休み。つまり、年間雇用できないことが人材確保のネックになっているのだ。

 そんな農園に突如、救世主が現れた。6月25日午前。温室を訪ねた私が目にしたのは、定植準備や植え付け作業を黙々とこなす7人の青年の姿だった。作業時間は1時間半。額には皆、大粒の汗が光る。

この記事は有料記事です。

残り923文字(全文1253文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです