メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

喪失感胸に「今」生きる 震災で娘亡くした夫婦描く 元町映画館、来月8日から公開 ほぼ全編神戸ロケ /兵庫

映画「れいこいるか」のポスターを手にする上野伸弥さん=神戸市中央区で2020年7月15日午後1時10分、木田智佳子撮影

新長田、元町など ほぼ全編神戸ロケ

 阪神大震災(1995年)で幼い一人娘を亡くした夫婦の23年間を描いた映画「れいこいるか」(いまおかしんじ監督)が、8月8日から元町映画館(神戸市中央区元町通4)で公開される。ほぼ全編を神戸市内でロケ。喪失感や後悔を胸に潜ませ、「今」を懸命に生きる人々の姿を浮かび上がらせる。28日まで。【木田智佳子】

 いまおか監督が震災直後から原案を温めたフィクションで、2017年1月に撮影を開始。約1年をかけて、新長田の路地裏やメトロこうべ、元町かいわいなど、古さと下町情緒の残る場所で収録された。

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文696文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. 東京都が3回目の時短要請発表 不要不急の外出自粛も イート「利用控えて」

  3. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  4. ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝し、4年連続11回目 シリーズ最多12連勝

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです