メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

彼女が注目される訳=小倉孝保

 <kin-gon>

 彼女の場合、入院しただけでニュースになる。米連邦最高裁判所のリベラル派判事、ルース・ベイダー・ギンズバーグ氏(87)のことだ。7月中旬、発熱と悪寒で入院すると、そのニュースは世界を駆け巡った。翌日、退院したものの、がんの再発で薬物治療を受けていることを明かし、国民をやきもきさせている。2年前に転倒してあばら骨を折った時も、彼女の入退院は全米の関心事だった。

 ニューヨークのユダヤ系家庭に生まれた。ロースクール時代に出会ったマーティン氏と結婚し、学びながら長女を育てた。通った大学には女子学生が少なかった。「だから私も結構モテたんです。デートした男性の中で、私に頭脳があることを評価してくれたのは彼だけでした」

この記事は有料記事です。

残り734文字(全文1050文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  2. 「僕たちは世界を変えることができない」 原作医師がパレスチナにマスクを送る理由

  3. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

  4. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  5. 報道は「密」を演出したのか カメラマンから見た「圧縮効果」批判と撮る側の悩み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです