メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

彼女が注目される訳=小倉孝保

 <kin-gon>

 彼女の場合、入院しただけでニュースになる。米連邦最高裁判所のリベラル派判事、ルース・ベイダー・ギンズバーグ氏(87)のことだ。7月中旬、発熱と悪寒で入院すると、そのニュースは世界を駆け巡った。翌日、退院したものの、がんの再発で薬物治療を受けていることを明かし、国民をやきもきさせている。2年前に転倒してあばら骨を折った時も、彼女の入退院は全米の関心事だった。

 ニューヨークのユダヤ系家庭に生まれた。ロースクール時代に出会ったマーティン氏と結婚し、学びながら長女を育てた。通った大学には女子学生が少なかった。「だから私も結構モテたんです。デートした男性の中で、私に頭脳があることを評価してくれたのは彼だけでした」

この記事は有料記事です。

残り734文字(全文1050文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

  2. 観光客の救急搬送当面取りやめ 香川の離島・豊島 消防団「島民守れなくなる」

  3. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  4. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  5. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです