メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本はともだち

「昆虫愛」を絵本に込めて

新刊絵本を手にするじゅえき太郎さん=横浜市内で

 <くらしナビ ライフスタイル>

 セミが鳴き始めた。夏休み、虫捕りが楽しくなるシーズン到来だ。草むらや雑木林なら、「3密」だって関係なし。さあ出かけよう! 子供たちに紹介したい絵本がある。SNS上で「ゆるふわ昆虫図鑑」として表情豊かな愛らしい昆虫の姿を描くイラストレーター、じゅえき太郎さん(31)の新作絵本だ。この絵本、全然ゆるくない。昆虫のリアルな迫力に満ちている。込められた思いをじゅえきさんに聞くと、そこには創作活動を貫く深い「昆虫愛」があった。

 新作絵本のタイトルは、「すごい虫ずかん くさむらの むこうには」(KADOKAWA)。虫探しに行く少年が、カマキリ、オニヤンマ、ゲンゴロウなどに出会う物語だ。羽の一枚一枚、足の一本一本まで細部を描き込んだ色鮮やかな絵に加え、アングルが飽きさせない。少年が転び、その目線で脚や羽を広げて威嚇するオオカマキリが画角いっぱいに現れる、といった具合だ。

この記事は有料記事です。

残り1043文字(全文1443文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

  2. 人気ラーメン店にピエロ覆面空き巣 埼玉「ジャンクガレッジ」、4容疑者逮捕

  3. 保釈の周庭氏、欅坂46「不協和音」脳裏に 「これからどんどんつらくなるかも」

  4. 東京駅近くに閉店キャバクラのゴミを不法投棄容疑 元経営者らを書類送検 警視庁

  5. 民主活動家・周庭氏保釈される 黄之鋒氏らが出迎え 香港警察が10日に逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです