メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女の気持ち

足踏みミシン 岐阜県山県市・林明子(主婦・74歳)

 このコロナ禍のステイホームで、渋々重い腰を上げた。9畳のプレハブ物置にある雑多な物の「断捨離」だ。我が家は昔気質の大工さんが建てた家で、押し入れ以外に物をしまうところがない。だから今まで、なんでもかんでも物置に突っ込んできた。

 さて、どこから手をつけたらよいのか。気は焦るが遅々として進まず、何度も心が折れそうになった。なんせ、明治生まれの祖父から物の大切さをすり込まれ、チラシの裏面が白いと捨てられない。雑巾はボロボロになるまで使う性格…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文552文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  2. 乗用車がトレーラーに追突、男女3人死亡 苫小牧

  3. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  4. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  5. ドローン最前線 政府機関、中国製ドローン新規購入を排除 情報漏えい・乗っ取り防止を義務化

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです