メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災復興、300億円赤字 神戸新長田、地価下落響く

 阪神大震災(1995年)で壊滅的な被害を受けた神戸市長田区の新長田駅南地区(19・9ヘクタール)で進められてきた震災復興市街地再開発事業について、市は30日、300億円超の赤字となる収支見通しを公表した。当時、全国最大規模の再開発として計画されたが、地価の下落や商業用区画の売却が進まなかったことが響いた。近く有識者会議を設置し、年内をめどに居住人口の増加など経済効果も含めて検証する。

 事業では95年3月、2710億円をかけて地元住民や商店の入居先となるマンションや商業ビルを建設する計画が決められた。これまでに全44棟のうち41棟が完成。震災25年を経た2020年2月に未買収の一部区画を事業から外し、残るビル建設も23年度までに完了する見通しが立ったことで、久元喜造市長が検証する方針を示していた。

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文609文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. 転向の高橋「上出来」 充実の初ダンスでRD2位 フィギュアNHK杯

  3. 吉本新喜劇の元座長、船場太郎さん死去 81歳 大阪市議会議長も務め

  4. 桜を見る会前夜祭 2019年分も収支報告なし 安倍氏の政治団体

  5. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです