メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「敵基地攻撃能力」保有提言を了承 自民部会、直接の表現避ける

自民党本部=東京都千代田区で、曽根田和久撮影

 自民党は31日、国防部会と安全保障調査会の合同会議を党本部で開き、党ミサイル防衛検討チームが策定した敵基地攻撃能力の保有を含む提言案を了承した。相手領域内で弾道ミサイルなどを阻止する能力を含め、抑止力向上に向けた新たな取り組みを要請。党内の慎重意見に配慮し「敵基地攻撃能力」などの表現は盛り込まなかったが、こうした能力の保有を促す内容だ。8月上旬にも首相官邸に申し入れる。

 陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」計画断念を受け代替策が必要だとして、政府に検討を求めた。提言案は、相手領域内で弾道ミサイルなどを阻止する能力について、憲法の範囲内とし専守防衛の考え方を守る姿勢を強調。検討チーム座長の小野寺五典元防衛相は会合後、記者団に「敵基地攻撃能力」を使わなかった理由に関し「先制攻撃という印象が持たれる危険性がある。『ミサイル阻止力』という言葉が合うのでは…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文644文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 残業176時間「ごめん、辛抱できん」 近大職員が自殺 労災認定求め国提訴

  2. 緊急事態、愛知県が独自宣言 6~24日 不要不急の県境移動自粛を要請

  3. 大阪で新たに196人感染 過去3番目の多さ 障害者施設でクラスターか

  4. 福岡県「飲み会は2時間以内」「2次会控えて」 コロナ警報を発動

  5. お盆は帰れる?帰れない? 揺らぐ政府発信 西村氏「控えて」菅氏「気をつけて」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです