メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長雨でレタス急騰 2週間で5倍 収穫3割減、コロナ…「二重の苦しみ」 長野

例年だと88円か98円のレタスが、今年は倍以上に高騰している=長野県佐久穂町畑のマルヒデ八千穂店で2020年7月30日午前8時59分、坂根真理撮影

 長野県が全国一の生産量を誇るレタスの価格が急騰している。6月末から続く長雨と日照不足が生育を阻んでいることが原因。卸売価格は7月中旬から下旬にかけての2週間で5倍以上となったところもあり、生産者にとっても消費者にとっても悩ましい状況が続きそうだ。【駒木智一、坂根真理】

1キロ60→300円に

 青果卸売会社「長印」(長野市)によると、レタスの卸売価格は新型コロナウイルスの影響に伴う需要の落ち込みなどもあって7月上旬までは1キロ当たり60円程度の低価格を付けることもあった。ところが6月下旬から天候不良が続いたことで、7月下旬には1キロ300円程度まで高騰しているという。

 同社の土屋智・執行役員は「生産調整が必要なレベルの低価格から、消費者が手を出しにくくなる価格まで一気に上昇した」と驚く。今後の見通しについては「お盆あたりまでは高値で推移しそうだ。今年は新型コロナの影響で需要の見通しが不透明で、需給両面から値段の動向がつかみにくい」という。

この記事は有料記事です。

残り678文字(全文1102文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 発症10日後には職場復帰できるはずなのに…「万一のため」自宅待機のなぜ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. 自衛隊から不満の声 出口なき中東派遣 「なし崩しの延長」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです