グーグル、初の減収 最終益30%減 コロナで企業広告低迷 4~6月期

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
米IT大手グーグル本社=米カリフォルニア州マウンテンビューで2020年2月、中井正裕撮影
米IT大手グーグル本社=米カリフォルニア州マウンテンビューで2020年2月、中井正裕撮影

 米グーグルの親会社アルファベットが30日発表した2020年4~6月期決算は、売上高が前年同期比2%減の382億ドル(約4兆円)と、04年のグーグル上場以来初の減収となった。新型コロナウイルス感染拡大で企業の広告配信が低迷したためで、最終(当期)利益は30%減の69億ドルだった。

 収入全体の約8割を占めるグーグルの広告収入が8%減の298億ドルと落ち…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文442文字)

あわせて読みたい

注目の特集