メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR西日本、赤字767億円 4~6月期で初 乗客激減「財務面で最大の危機」

JR西日本本社=長谷川直亮撮影

 JR西日本が31日発表した2020年4~6月期連結決算は、最終(当期)損益が767億円の赤字(前年同期は425億円の黒字)に転落した。新型コロナウイルス感染拡大で山陽新幹線、北陸新幹線などの利用客激減が直撃した。主力の運輸業だけでなく流通業や不動産業、ホテル業なども苦戦した。四半期ベースでは過去最大の赤字となった。

 決算短信には「会社発足以来、財務面において最大の危機であると認識している」と記載。収益改善に向けて運賃の見直しや終電繰り上げなど抜本的な対策が急務になりそうだ。長谷川一明社長は大阪市で開いた記者会見で「大きな危機だが、変革の機会と捉えて構造改革を進めていきたい」と強調した。人件費や広告費の抑制などで約500億円の経費を削減することも明らかにした。

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文571文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  5. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです