メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR東海、連結赤字726億円 4~6月期 コロナで新幹線利用者8割減

 JR東海が31日発表した2020年4~6月期連結決算は、最終(当期)損益が726億円の赤字(前年同期は1313億円の黒字)に転落した。新型コロナウイルス流行で、収益の柱である東海道新幹線の利用客が前年同期比84%減と大きく落ち込んだことに加え、ホテル事業などが苦戦したことが響いた。

 JR東海によると4~6月期で最終赤字となったのは、四半期決算の公表を始めた03年以来、初めて。四半期ベースでの赤字は10年1~3月期以来となった。

 売上高は前年同期比72・7%減の1287億円。緊急事態宣言により出張や旅行を控える動きが広まり、東海道新幹線の利用が低迷。グループの百貨店、ジェイアール名古屋高島屋の売り上げやジェイアール東海ホテルズの宿泊収入も大幅減となった。

この記事は有料記事です。

残り229文字(全文560文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  3. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議への関心は「新政権のツッコミどころだから」 投稿炎上、西田亮介氏の真意は

  5. 前回世論調査に比べ反対比率が急増 都構想の行方、最終盤までもつれそう

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです