メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR東海、連結赤字726億円 4~6月期 コロナで新幹線利用者8割減

 JR東海が31日発表した2020年4~6月期連結決算は、最終(当期)損益が726億円の赤字(前年同期は1313億円の黒字)に転落した。新型コロナウイルス流行で、収益の柱である東海道新幹線の利用客が前年同期比84%減と大きく落ち込んだことに加え、ホテル事業などが苦戦したことが響いた。

 JR東海によると4~6月期で最終赤字となったのは、四半期決算の公表を始めた03年以来、初めて。四半期ベースでの赤字は10年1~3月期以来となった。

 売上高は前年同期比72・7%減の1287億円。緊急事態宣言により出張や旅行を控える動きが広まり、東海道新幹線の利用が低迷。グループの百貨店、ジェイアール名古屋高島屋の売り上げやジェイアール東海ホテルズの宿泊収入も大幅減となった。

この記事は有料記事です。

残り229文字(全文560文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡・大濠公園にイノシシ 警官ら大捕物、逃走後「御用」に

  2. 芸能人のPCR検査早い理由「今後番組で話します」 志らくさんが陰性報告

  3. うがい薬でコロナ重症化抑制? 大阪知事が使用呼びかけ 専門家は懸念「害になりかねない」

  4. 吉村知事「うそみたいな本当の話」 うがい薬の使用呼びかけ、主な一問一答

  5. 緊急事態、愛知県が独自宣言 6~24日 不要不急の県境移動自粛を要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです