メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国のマスク業者「在庫100万枚以上…」 9割超が倒産危機 感染収束で大暴落

スーパーの特売コーナーに並ぶマスク。1枚30円前後まで価格が下がった=北京市内で2020年7月30日午後、赤間清広撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、マスクの大量生産に突き進んできた中国で、製造業者の多くが経営危機に陥っている。国内感染の収束傾向を受け、マスクの価格が大暴落しているためだ。製造業者の9割超が倒産しかねない――。専門家はこんな厳しい見方を示している。

 元々、世界一のマスク生産国だった中国だが、新型コロナの感染拡大で国内の消費量が急増。店先から一斉にマスクが消え、国外から緊急輸入するほどのマスク不足に陥った。

 危機感を抱いた当局の大号令を受け、自動車メーカーなど他業種も相次ぎマスク生産に参入。1月下旬に日産800万枚程度だった国内のマスク生産能力は、わずか1カ月で日産1億枚超に拡大。世界がマスクの品不足に苦しむ中、マスクを中心とする医療物資の国外輸出は、中国外交の武器ともなっていた。

 しかし、風向きが変わりつつある。国内…

この記事は有料記事です。

残り503文字(全文869文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 庄司智春、新型コロナ感染 妻・藤本美貴と3人の子どもは「まだ症状なども出ておらず元気」

  2. 吉永小百合さん「泳いで恒彦さんのところに…」 渡哲也さん死去

  3. 俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 「くちなしの花」ヒット 石原プロ前社長

  4. コロナ「消毒」で紙幣損傷 洗濯機やレンジで 韓国、5億円分交換

  5. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです