メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火星探査車「パーシビアランス」打ち上げ成功 生命の痕跡探す

ケープカナベラル空軍基地から打ち上げられる、火星探査車「パーシビアランス」を搭載したアトラス5ロケット=米フロリダ州で2020年7月30日、ロイター共同

 米航空宇宙局(NASA)は30日、火星探査車「パーシビアランス」をフロリダ州のケープカナベラル空軍基地からアトラス5ロケットで打ち上げた。約1時間後にロケットから分離、火星に向かう軌道に投入した。来年2月に火星に着陸予定。火星はかつて生命が生息できる環境だったと考えられており、土壌を採取して生命の痕跡を探す。小型のヘリコプターも搭載、大気の薄い環境での飛行実験を試みる。

 パーシビアランスは「不屈の精神」という意味の名前。大きさは小型車ほどで、6輪で火星の表面を走行。ロボットアームを使って土壌を採取し、容器に詰めて回る。容器は火星表面に置いておき、将来の別の探査計画で回収して地球に持ち帰る計画だ。

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文598文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 菅内閣支持33%、不支持57% 緊急事態遅すぎる71% 毎日新聞世論調査

  4. コロナで「困っています」物乞いする35歳 うつむく困窮者に届かぬ支援

  5. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです