太陽フレア発生を予測する数式開発 大規模停電など回避へ光 名古屋大

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
米航空宇宙局(NASA)の太陽観測衛星が捉えた太陽フレア(右下)。特殊な光で撮影しているため実際の色とは異なる=NASA提供
米航空宇宙局(NASA)の太陽観測衛星が捉えた太陽フレア(右下)。特殊な光で撮影しているため実際の色とは異なる=NASA提供

 名古屋大の研究チームは、太陽表面の爆発現象「太陽フレア」の発生位置や規模を正確に予測する物理モデル(数式)の開発に成功した。太陽フレアは黒点やその周辺のエネルギーが爆発的に解放される現象。エックス線などが地球に降り注ぎ、大規模停電や人工衛星の故障などをもたらす恐れがあるが、数式による予測で、トラブルを事前に回避できる可能性がある。31日付の米科学誌「サイエンス」(電子版)に掲載される。

 黒点内には正と負の極性を持つ磁場があり磁力線でつながっている。太陽フレアはこの磁力線の一部がつなぎ替わることで不安定化して生じるという。フレアの影響を予測する「宇宙天気予報」に多くの研究者が取り組んでいるが、これまでにフレアを発生させた黒点の形などと比較して予測するしかなく、発生数も少ないため精度も低かった。

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文652文字)

あわせて読みたい

注目の特集