コアジサシ平城宮跡近くで子育て中 公園整備予定地「営巣場所確保を」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
奈良市の平城宮跡南側の工場跡地で、コアジサシが子育てをする様子。日本野鳥の会奈良支部会員の川人由秀さんが2020年7月14日に撮影した=川人さん提供
奈良市の平城宮跡南側の工場跡地で、コアジサシが子育てをする様子。日本野鳥の会奈良支部会員の川人由秀さんが2020年7月14日に撮影した=川人さん提供

 平城宮跡と隣接する積水化学工業奈良事業所跡地(奈良市三条大路4)で、環境省のレッドリストで絶滅危惧2類に指定されているコアジサシが巣を作り子育てしている様子を、日本野鳥の会奈良支部会員の川人由秀さん=奈良市=が撮影した。

 コアジサシは体長約30センチのカモメ科の渡り鳥で、頭部の黒い模様や黄色いくちばしが特徴。夏鳥として豪州…

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文409文字)

あわせて読みたい

注目の特集