「拳銃は亡くなった父親のもの」 八王子高1男子死亡 母親が説明

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
男子生徒が倒れていたのが見つかった住宅付近を調べる警視庁の捜査員=東京都八王子市で2020年6月8日午前11時3分、鈴木拓也撮影
男子生徒が倒れていたのが見つかった住宅付近を調べる警視庁の捜査員=東京都八王子市で2020年6月8日午前11時3分、鈴木拓也撮影

 東京都八王子市で6月、私立高1年の男子生徒(15)が自宅で拳銃で頭を撃って死亡した事件で、生徒の母親が「拳銃は亡くなった父親のものだと思う」という趣旨の説明をしていることが捜査関係者への取材で判明した。警視庁は31日、死亡した生徒について、回転式拳銃1丁と実弾70発を所持したなどとして、銃刀法違反(加重所持など)容疑で東京地検立川支部に書類送検した。

 使われた拳銃は、真正の米スミス&ウェッソン社製の「Air Lite」であることが判明した。2000年ごろから流通しているという。警視庁は入手経路を調べるため、生徒の携帯電話やタブレット端末など8台の利用状況を解析したが、違法な銃器や薬物も取引されているインターネット上の闇サイト「ダークウェブ」を含めて購入しようとした痕跡はなかった。生徒の親族らに暴力団関係者はいなかった。

この記事は有料記事です。

残り582文字(全文947文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集