メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石原慎太郎氏が謝罪 ALSを業病と表現 「作家ながら私の不明の至り」

ALSを「業病」と記したことを謝罪する石原氏のツイート

[PR]

石原慎太郎氏は27日に「業病のALS」とツイート

 ALS(筋萎縮性側索硬化症)の女性患者の依頼を受け、2人の医師が殺害したとされる事件に関し、元東京都知事の石原慎太郎氏(87)が自身の公式ツイッターに「業病のALS」と投稿した問題で、石原氏は7月31日、「ALSを難病とせず業病と記したのは偏見によるものでは決してなく、作家ながら私の不明の至りで誤解を生じた方々に謝罪いたします」とツイッターに投稿した。

 業病とは「前世の悪業(あくごう)の報いでかかるとされた、治りにくい病気。難病」の意味。石原氏は7月27日、「業病のALSに侵され自殺のための身動きも出来ぬ女性が尊厳死を願って相談した二人の医師が薬を与え手助けした事で『殺害』容疑で起訴された」と事件を説明。その上で「武士道の切腹の際の苦しみを救うための介錯の美徳も知らぬ検察の愚かしさに腹が立つ。裁判の折り私は是非とも医師たちの弁護人として法廷に立ちたい」と弁護した。実際は医師は起訴されていない。この発言に対し、「優生思想に基づく差別発言」「作家なのに業病の意味さえ知らないのか」などと批判が相次いでいた。

 4日ぶりに更新した7月31日のツイートでは、前回ツイートについて「先に難病のALS患者の死を幇助した医師たちの行為を『殺害』容疑で逮捕した警察への批判の際」と説明。検察から警察、起訴から逮捕へ修正していたが、それに対する釈明はなかった。ツイッターでは「誤解を生じさせたことについて謝罪していますが、業病と書いたことへの謝罪はしないのですか?」などと今回の謝罪投稿への批判も相次いでいる。【牧野宏美/統合デジタル取材センタ-】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  2. 首相また会見18分、質問二つで終了 追加受けず 帰省「一律自粛求めず」

  3. 首相会見に識者「政府の責任から逃げている」「質疑は『おまけ』という姿勢」

  4. クックパッドニュース 目からウロコ!ガス代が節約できる「パスタ」の茹で方

  5. 沖縄県、新たに159人感染 過去最多を更新 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです