メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ感染で異常行動 和歌山の50代男性、脳症と診断

和歌山県庁=黒川晋史撮影

[PR]

 和歌山県は7月31日、新型コロナウイルスに感染し、異常行動が確認されている50代男性会社員について、新型コロナによる脳症と診断されたと発表した。

 県によると、国内では新型コロナによる髄膜炎とみられる症例はあるが、脳症の症例は珍しいという。男性は21日に感染が確認され、27日から大声を出すなどの異常行動を取るようになったという。現在は快方に向かっている。【新宮達】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  2. 「Hey!Say!JUMP」伊野尾さんがコロナ感染 他メンバーは陰性

  3. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  4. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

  5. シリーズ・疫病と人間 あまりに悠長だ。政権も野党も国民も ファーストリテイリング会長兼社長・柳井正氏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです