メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州新幹線長崎ルート 国交省、佐賀県区間の23年度着工を断念 地元同意得られず

国土交通省が入る中央合同庁舎第3号館=東京都千代田区霞が関2で、本橋和夫撮影

 国土交通省は31日、九州新幹線長崎ルートの佐賀県区間(新鳥栖―武雄温泉)について、2023年度末までの着工を事実上、断念した。工事に先立つ環境影響評価(アセスメント)の実施に県の同意が得られず、国交省は取材に「目標通りの着工は困難になった」との認識を示した。全面開業が遠のき、在来線特急と新幹線を乗り継ぐリレー方式が長期化する。

 国交省は6月、佐賀県区間について、フル規格や、線路を在来線規格で造るスーパー特急など5方式に対応するアセス案を提示したが、佐賀県は拒否した。県側は多額の財政負担を求められるフル規格に反対。複数方式のアセスも「フル規格狙い」との警戒がある。

この記事は有料記事です。

残り151文字(全文436文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 首相「50年までに温室効果ガス排出実質ゼロ」表明へ 国際圧力高まり対策強化

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

  5. NHK、総務省提案の受信料義務化に慎重姿勢 「支払いは視聴者理解のもと」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです