特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

「未来につながる大会を」 早春の京都マラソン、2021年はオンラインで開催へ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
思い思いの表情でフィニッシュする「京都マラソン2020」の参加者たち=京都市左京区で2020年2月16日午後0時53分、川平愛撮影
思い思いの表情でフィニッシュする「京都マラソン2020」の参加者たち=京都市左京区で2020年2月16日午後0時53分、川平愛撮影

 早春に開催される市民マラソン大会「京都マラソン」について、京都市などによる大会実行委員会は31日、2021年はオンライン大会として実施する方針を決めた。新型コロナウイルスの感染収束が見通せないための措置。従来は1万6000人としていた定員は撤廃する。実行委は「コロナ禍の運動不足解消など、マラソンの裾野を広げる取り組みにしたい」としている。

 京都マラソンは12年から開催され、21年は第10回の記念大会。マラソン、ペア駅伝、車いす競技の3部門に毎年、多くのランナーが参加している。20年は中国で新型コロナの感染が拡大していた2月16日に開催。参加者らに手を消毒してもらうなど感染予防策を講じたほか、中国在住の参加予定者に参加自粛を呼び掛けるなどし、約1万5000人が都大路を駆け抜けた。

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文709文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集