内装会社「事故前日、ガスボンベや元栓一切触れていない」 福島・郡山爆発

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
爆発で店舗の外壁などが広範囲に飛散した現場周辺=福島県郡山市で2020年7月30日午前11時18分、本社ヘリから長谷川直亮撮影
爆発で店舗の外壁などが広範囲に飛散した現場周辺=福島県郡山市で2020年7月30日午前11時18分、本社ヘリから長谷川直亮撮影

 福島県郡山市の大手飲食チェーン「しゃぶしゃぶ温野菜」郡山新さくら通り店の爆発事故で、事故前日の29日に同店の改装工事をしていた内装会社が、毎日新聞の取材に「29日はガスボンベや元栓のバルブには一切触れなかった」と説明した。29日はガスコンロから電磁調理器に取り換えるための工事をしていた。内装会社社員の古川寛さん(50)が30日朝に店に入ろうとドアを解錠した直後に爆発が発生しており、県警は、その前に店内にはガスが充満していたとみて原因を調べて…

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文559文字)

あわせて読みたい

注目の特集