特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

東京版CDC、10月設立 大学・企業と共同研究 コロナ以外の感染症も対応

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京都庁=東京都新宿区で、本社ヘリから長谷川直亮撮影
東京都庁=東京都新宿区で、本社ヘリから長谷川直亮撮影

 東京都は31日、「米疾病対策センター(CDC)」をモデルにした感染症対策の司令塔となる組織を10月に創設すると発表した。組織内に設ける感染症の専門家会議(専門家ボード)の助言を踏まえ、政策立案や調査・情報収集などを進め、新型コロナウイルスの感染拡大防止につなげる。

 都内の感染症対策やPCR検査を担当している地方衛生研究所「都健康安全研究センター」(新宿区)の機能を再編する。行政機関が持っていない最先端の知見を活用するため、大学や研究機関、民間企業などと共同で、感染症の調査・研究を進める。

 専門家ボードは、知事や担当幹部・職員に助言しながら、連携して感染症対策を進める。新型コロナ以外の季節性インフルエンザなど感染症全般にも対応する。

この記事は有料記事です。

残り449文字(全文769文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集