メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「のぞみ」ダイヤ、新たな領域へ…1時間あたり最大12本 実現のカギはあの“職人技”

 

 開業して半世紀になる東海道新幹線のダイヤが8月、新たな領域に踏み出す。7日から「のぞみ」の1時間あたりの本数が、これまでより2本多い最大12本になるのだ。「ひかり」と「こだま」を合わせると、ピーク時は新幹線が3分半に1本のペースで東京駅を出発する。日中のJR山手線並みの「過密ダイヤ」だ。どうやって実現できたのだろうか。その背景を探った。【山本佳孝】

 6月のある平日。午後2時35分、東京駅16番ホームに上りの「のぞみ18号」が滑り込んできた。すべての乗客が降りると、入れ替わるように44人の清掃員が一斉に乗り込む。到着から16分後に迫る折り返し運転の準備だ。座席を次々に回転させて向きを次の進行方向に合わせ、床に落ちたゴミをほうきで取り除く。機敏な動きはまるで熟練した職人のよう。作業を終えた清掃員が降車すると、列車は「のぞみ95号」として定刻通り広島へ向かった。

 「10分清掃」。のぞみ12本ダイヤ実現のキーワードだ。運転本数を増やすには、折り返し運転が多い東京駅で、いかに時間を短縮…

この記事は有料記事です。

残り1457文字(全文1902文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに151人コロナ感染 重症者は70人で過去最多

  2. 「逮捕は時間の問題」「抗議運動、続けていく自信はある」香港の民主活動家・黄之鋒氏 覚悟を語る

  3. 渡辺が初の名人位奪取 4勝2敗で豊島降す 現役最多の3冠に

  4. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  5. 天然アユ食べて健康な目に 病気予防の色素豊富 岐阜薬科大グループ発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです