メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄・玉城知事「何としても医療崩壊食い止めたい」独自の緊急事態宣言発令

マスクを外し、「皆で感染拡大を食い止めていきましょう」と呼びかける沖縄県の玉城デニー知事=那覇市の県庁で2020年7月31日午後7時42分、遠藤孝康撮影

 沖縄県の玉城(たまき)デニー知事は31日、新型コロナウイルスの感染者急増を受け、県独自の緊急事態宣言を発令した。期間は8月1~15日。沖縄本島全域で不要不急の外出自粛を求めるとともに、県外からの渡航については慎重な判断を求める。那覇市内の飲食店については営業時間を午前5時~午後10時とするよう要請した。

 玉城知事は記者会見で「爆発的な感染拡大がみられ、何としても医療崩壊を食い止めなければならない。重大な局面にあることを皆様にお伝えするために緊急事態宣言を出す」と述べた。また、政府の対応については「『Go Toトラベル』事業との整合性もあると思うが、国は緊急事態宣言を出すべきだと思う」とした。

この記事は有料記事です。

残り171文字(全文471文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. ファクトチェック 「野党議員は自宅待機 自民党議員は無症状即入院」ツイートは不正確

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. 刃物で襲いかかられ警察官が発砲・命中 横浜のマンション

  5. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです