メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

#最後の1年

胸に刻み続ける「7月24日」 御所実ラグビー部、16歳の死から30年

御所実高ラグビー部にとって特別な日である7月24日。改めて飛躍を誓い、ミーティングで練習試合で出た課題を整理する竹田寛行監督(右奥)=奈良県御所市の御所実高で2020年7月24日午後1時25分、長宗拓弥撮影

 奈良県立御所(ごせ)実高ラグビー部はこの冬、東大阪市花園ラグビー場で第100回を迎える全国高校大会で初優勝を目指す。部員2人の弱小チームを準優勝4度の強豪に育て上げた竹田寛行監督(60)が定年を迎える節目であり、80人を超える部員にも気迫がこもる。新型コロナウイルスの感染拡大で活動制限が続いたが、6月から全体練習を再開。そして部の歩みにとって特別な日である「7月24日」を今夏も迎えた。

 奈良県御所市の同校には、その7月24日、全国の強豪校が集結していた。今夏で30回を数える合同の夏合宿だ。新型コロナの影響で例年の4分の1程度の11校の参加に絞り込んだが、御所実高にとっても今季初の練習試合の場となり、24日を挟む4日間、同校周辺にも広がる会場は熱気に包まれた。竹田氏は「今年も無事に開催できてよかった」と息をつき、30年前に思いを至らせた。この合宿の始まりとなった、ある部員の死だ。

 アクシデントが襲ったのは監督就任2季目の1990年5月27日だった。部員2人、廃部寸前の部を率いて1年。勧誘に駆け回って人数を確保し、定時制の天理高2部との練習試合だった。2年生だったプロップの北島弘元さんがスクラムで頭から崩れ落ちた。

 当…

この記事は有料記事です。

残り2762文字(全文3278文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. ペットの犬が新型コロナ陽性 国内初、別世帯の2匹 健康状態に異常なし

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  5. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです