メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

#最後の1年

出雲駅伝中止で箱根も? 脚光当たらぬコロナ禍、東洋大ランナーの葛藤と自立

正月の箱根駅伝3区で区間13位と振るわなかった東洋大の吉川洋次。3人に抜かれて順位を10位に落とした。「こんな嫌な時間があるのかというくらいの気持ち。早く終わってほしかった」と振り返る=東洋大提供

 学生3大駅伝の初戦、10月の出雲全日本大学選抜駅伝の中止が決まった。新型コロナウイルスの感染拡大による中止の波は秋以降のスポーツにも及んできた。正月の箱根駅伝で11年続いた3位以内が途切れた名門・東洋大陸上競技部は今季に復権をかけている。主軸の4年生、吉川洋次(22)は「最後の1年が思いもよらない感じになり、悲しい。でも……」。この春、部から離れて故郷に戻り、社会の中で葛藤の日々を送ったからこそ見えてきたものがある。

 正月の風物詩として国民的な人気を誇る箱根駅伝でここ10年ほど最も安定した成績を残してきたのが、鉄紺のたすきと「その1秒をけずりだせ」のスローガンで知られる東洋大だ。拠点の寮と練習場は、東京・池袋から東武東上線で約40分下った埼玉・鶴ケ島駅から徒歩10分の川越キャンパス内にある。都心の騒がしさから離れて練習に打ち込める環境で、2009年の第85回大会を皮切りに4度の総合優勝を果たし、11年連続で3位以内を堅持してきた。

 強さとともにもう一つのテーマがある。1887年に創立された東洋大の建学の精神は「諸学の基礎は哲学にあり」。OBで09年春に就任した酒井俊幸監督(44)は「本学は物事の見方や考え方を重視する哲学の大学。体育会的な規律よりも自律と自立が大事」と語る。その精神を軸に「将来世界で戦える選手」を意識した育成を図り、男子マラソン前日本記録保持者の設楽悠太(28)や東京五輪マラソン代表の服部勇馬(26)らを輩出してきた。

 今季はその真価が問われる。正月の箱根駅伝は12年ぶりに3位以内に入れず、シード権ギリギリの10位と低迷した。当時の4年生たちは「実力のある選手だけに頼る他人任せのチームになっていた」との言葉を残して卒業した。2月下旬以降は新型コロナで日常の行動も制限され、今まで通りの活動は難しくなった。

 長距離は厳しい鍛錬を地道に続けなければならない。一人では甘えが出るため集団で練習する。しかし、現状では、集団生活は感染リスクと紙一重でもある。酒井監督は選手を実家に戻して個々で練習させることを…

この記事は有料記事です。

残り3071文字(全文3941文字)

小林悠太

毎日新聞東京本社運動部。1983年、埼玉県生まれ。2006年入社。甲府支局、西部運動課を経て、16年から東京本社運動部。リオデジャネイロ五輪を現地取材した。バドミントン、陸上、バレーボールなどを担当。学生時代、184センチの身長を生かそうとバレーに熱中。幼稚園児の長男、次男とバレーのパスをするのが目下の夢。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡・大濠公園にイノシシ 警官ら大捕物、逃走後「御用」に

  2. 芸能人のPCR検査早い理由「今後番組で話します」 志らくさんが陰性報告

  3. うがい薬でコロナ重症化抑制? 大阪知事が使用呼びかけ 専門家は懸念「害になりかねない」

  4. 吉村知事「うそみたいな本当の話」 うがい薬の使用呼びかけ、主な一問一答

  5. 緊急事態、愛知県が独自宣言 6~24日 不要不急の県境移動自粛を要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです