メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

情熱大陸

ピアニスト/反田恭平 異才のピアニストが紡ぐ新たな音楽のカタチ

「情熱大陸」に登場する反田恭平=MBS提供

[PR]

 今、最もチケットが取りにくいといわれるピアニスト・反田恭平がドキュメンタリー番組「情熱大陸」(MBS製作著作/TBS系全国ネット、8月2日午後11時~)に登場する。

 情熱大陸のカメラは4年前に21歳の反田を追い、ロシアに留学しながら、己の力でピアニスト人生を切り開く姿を映し出した。

 あれから、反田は留学地をポーランドに変え、ピアニストとしてさらなる飛躍を遂げていた。大手事務所から独立し、個人事務所を立ち上げ、去年には自らの音楽レーベルも立ち上げた。コンサートの企画やプロデュースも行い、文字通り“音楽に人生を捧げる”生活を送っている。

「音楽に関わることは、なんでも知りたい」。果てしない好奇心が、反田の音楽家としての環境を進化させ、ピアノの音色をさらに豊かにしていた。

 そんな反田ではあったが、コロナ禍で演奏会が全て公演中止となり、人前でピアノが弾けない日々が続いた。反田のみならず、多くの音楽家が、何を目標に練習をしたらいいのか、先の見えない敵と戦い、疲弊していた。そこで、反田は立ち上がった。

 有料でのライブ配信をきっかけに、アーティストたちの演奏する場所を確保したい--。番組では、若き音楽家・反田恭平の挑戦を見つめ、新たな潮流を生み出す原動力と、音楽への純粋なまでの「愛」を描く。

<プロフィル>反田恭平(そりた・きょうへい) 2012年、高校在学中に第81回日本音楽コンクール第1位入賞。あわせて、聴衆賞を含む4つの特別賞を受賞。2014年、チャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院に首席で入学。2015年、イタリアで行われている「チッタ・ディ・カントゥ国際ピアノ協奏曲コンクール」古典派部門で優勝。年末には「ロシア国際音楽祭」にてコンチェルト及びリサイタルにてマリインスキー劇場デビューを果たす。2016年のデビュー・リサイタルは、サントリーホール2000席が完売し、圧倒的な演奏で観客を惹きつけた。デビュー後は毎年オーケストラ、リサイタルのツアーを全国で行なっており、デビューから約3年強で100回以上の共演は稀有。2018年からはソリストとしての活動のほか、室内楽や自身が創設したMLMナショナル管弦楽団のプロデュースも行っている。現在、ショパン音楽大学(旧ワルシャワ音楽院)に在学中。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「欅坂46」から「櫻坂46」に 新グループ名発表

  2. 五輪招致疑惑、IOC委員側に3700万円 コンサル口座から

  3. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  4. 「絶対に帰ってこられるから、頑張って」 キャンプ場で女児不明1年 母からの伝言

  5. 気温54.4度の衝撃 異常気象は日常に…? そんな未来で起きること

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです