メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

15歳のニュース 生か、死か 二者択一ではない ALS患者・恩田聖敬さん

[PR]

 安楽死を望んでいた難病の女性を、薬物で殺害した疑いで、医師が警察に逮捕(たいほ)された。安楽死や尊厳死を巡(めぐ)っては法律の整備について議論を求める声もあるが、女性と同じ病気の患者(かんじゃ)は「まずは病気や障害者の本質を理解してほしい」と、拙速(せっそく)な議論に警鐘(けいしょう)を鳴らしている。

 サッカーのFC岐阜(ぎふ)を運営する「岐阜(ぎふ)フットボールクラブ」元社長の恩田(おんだ)聖敬(さとし)さん(42)=岐阜(ぎふ)市=は、2014年4月の社長就任直後にALSと診断(しんだん)された。しばらく公表せずチームの知名度アップに尽力(じんりょく)し、観客動員数を大幅(おおはば)に増やした。だが症状(しょうじょう)の進行は待ってくれない。最初は握力(あくりょく)が衰(おとろ)え始めた。発症(はっしょう)から1年半後には車いすの生活を強いられ、15年末に退任した。

 恩田さんは今回の事件後に自身のブログを更新(こうしん)。ALSの患者(かんじゃ)の間で「安楽死の肯定(こうてい)派と否定派がいる」とした上で、事件で亡くなった女性について「ALSでも幸せだと言っている患者がいることをどれだけ知っていたのだろうか。全国には私以上にアクティブな患者さんもいる」と記した。人工呼吸器をつけて寝(ね)たきりだが、退任後の現在もパソコンの音声ソフトを使って講演や執筆(しっぴつ)を手掛(てが)ける。東京五輪の聖火ランナーにも選ばれた。「安楽死の是非(ぜひ)の議論ではなく、まずはALSという病気の本質、障害者の本質を理解してほしい」と求めている。

 「生き地獄(じごく)を味わいながら生き続けるか、生き地獄から解放されるために死ぬか?」。ALS患者の境遇(きょうぐう)について、恩田さんは「二者択一(にしゃたくいつ)ではない」と強調し、二つの選択肢(せんたくし)から選ばず、常に改善を模索(もさく)したいと訴(うった)える。

法整備されれば、解決策考えなくなる

 安楽死や尊厳死の法整備の動きについては、毎日新聞の取材に「いじめやうつで死にたいという人に、死なせてあげればという意見はなく、相談窓口などで全力で生きる方向へ導く」と指摘(してき)。「ALSは、適切な介助(かいじょ)者たちがいれば普通(ふつう)に生きられる病気だ」と答えた。法整備されれば、「解決策を考えることなく『じゃあ死にましょう』ということを法的に認めることになる」と心配している。


 ◆事件概要

ALS患者の女性を殺害 疑いの医師逮捕 「安楽死したい」と頼まれ

 難病「筋萎縮性側索硬化症(きんいしゅくせいそくさくこうかしょう)(ALS)」を発症(はっしょう)した京都市の女性に頼(たの)まれ、この女性を殺害したとして、嘱託殺人(しょくたくさつじん)の疑いで、医師2人が7月23日に警察に逮捕(たいほ)された。2人は女性から依頼(いらい)を受け、2019年11月に女性の自宅を訪問、薬物を女性に投与(とうよ)し、殺害したとされる。

 2人は女性の担当医ではなく、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を介(かい)して知り合い、直接の面識はなかったとみられる。女性から「安楽死したい」という依頼があり、約100万円を受け取ったという。


 ■KeyWord

 【筋萎縮性側索硬化症(きんいしゅくせいそくさくこうかしょう)(ALS)】

 運動に関する神経が傷つき、脳からの信号が筋肉に届かなくなる原因不明の難病の一つ。根本的な治療(ちりょう)法は確立されていない。進行性の病気で、次第に筋肉が痩(や)せて衰(おとろ)え、体を動かすことだけでなく、発語や呼吸、食べ物をのみ込(こ)むことも難しくなる。一方で、知覚や内臓機能などは保たれる。発症(はっしょう)数年で人工呼吸器が欠かせなくなり、ほとんどのケースで24時間の介護(かいご)が必要になる。国内の患者(かんじゃ)数は2018年度末で9805人に上る。

 【嘱託殺人(しょくたくさつじん)】

 死を望む被害者(ひがいしゃ)に依頼(いらい)されて、加害者が被害者を殺害すること。刑法(けいほう)で定められている刑罰(けいばつ)(刑法202条)は、6月以上7年以下の懲役(ちょうえき)か禁錮(きんこ)で、上限が死刑(しけい)の殺人罪よりも軽い。

 一方、安楽死は、薬剤(やくざい)の投与(とうよ)などにより医師が積極的に患者(かんじゃ)の死に介入(かいにゅう)すること。オランダが2002年、初めて国レベルで安楽死を合法化。その後、ベルギー、ルクセンブルク、カナダでも合法化された。だが合法化された国でも、どのようなケースで認められるのかが議論となっている。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. 新型コロナ サッカーJ1鳥栖、10人感染

  3. ヒツジ250頭でアマビエ 千葉・マザー牧場でイベント

  4. ポスト安倍に挙がる3人の「外相」 首相の座は誰に 個性それぞれ

  5. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです