メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読む写真

Photo 雄大なオフィス

首都圏から「ワーケーション」の体験会に参加した人たち。アウトドアオフィス「ウインドアンドホルン」は谷川岳(右奥)を望み、野鳥のさえずりが心地よい=群馬県みなかみ町で2020年6月27日、長谷川直亮撮影

 新型コロナウイルス感染拡大に伴うテレワークの普及により、ワーク(仕事)とバケーション(休暇)を組み合わせた「ワーケーション」が政府の推進などで注目されている。

 谷川岳などに囲まれた群馬県みなかみ町のアウトドアオフィス「ウインドアンドホルン」で6月下旬、ワーケーション体験会が開かれ、参加者が野鳥のさえずりを聞きながらノートパソコンを開いていた。東京都内のメーカーに勤務し、緊急事態宣言で2カ月間のテレワークを経験した橋本翼さん(32)は「こんなに気持ちのいい場所で働けたら、仕事もはかどり…

この記事は有料記事です。

残り368文字(全文613文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. ペットの犬が新型コロナ陽性 国内初、別世帯の2匹 健康状態に異常なし

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  5. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです