メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

見つめ続ける・大震災 語り継ぐ命 オンラインで涙共有

 新型コロナウイルスの感染拡大により、東日本大震災の被災地では、語り部活動や震災学習の機会が失われている。来年3月に震災から10年を迎え、当時の記憶を風化させないよう、インターネットを活用して教訓を伝える新たな取り組みが始まっている。

 宮城県女川(おながわ)町で語り部活動を続ける、同県大崎市の田村孝行さん(59)と妻弘美さん(57)は息子の健太さん(当時25歳)を震災で失った。当時、健太さんは七十七(しちじゅうしち)銀行女川支店の行員で、勤務中に被災。同支店の前には多くの人が難を逃れた高台があったが、同銀行は従業員を2階屋上に避難させ、健太さんを含む従業員12人が大津波の犠牲になった。田村さんら一部遺族は、同じ過ち、悲しみを経験させないよう、2012年から生死を分けた高台避難の重要性を説く活動を続けている。また、夫妻は昨年11月に一般社団法人「健太いのちの…

この記事は有料記事です。

残り575文字(全文958文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです