メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

見つめ続ける・大震災 語り継ぐ命 オンラインで涙共有

 新型コロナウイルスの感染拡大により、東日本大震災の被災地では、語り部活動や震災学習の機会が失われている。来年3月に震災から10年を迎え、当時の記憶を風化させないよう、インターネットを活用して教訓を伝える新たな取り組みが始まっている。

 宮城県女川(おながわ)町で語り部活動を続ける、同県大崎市の田村孝行さん(59)と妻弘美さん(57)は息子の健太さん(当時25歳)を震災で失った。当時、健太さんは七十七(しちじゅうしち)銀行女川支店の行員で、勤務中に被災。同支店の前には多くの人が難を逃れた高台があったが、同銀行は従業員を2階屋上に避難させ、健太さんを含む従業員12人が大津波の犠牲になった。田村さんら一部遺族は、同じ過ち、悲しみを経験させないよう、2012年から生死を分けた高台避難の重要性を説く活動を続けている。また、夫妻は昨年11月に一般社団法人「健太いのちの…

この記事は有料記事です。

残り575文字(全文958文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  2. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  3. ハートマークの数で分類 感染者出たススキノ店舗名 札幌市の内部資料が流出

  4. 新型コロナ 京都の保育士ら、新たに27人感染 府内903人に /京都

  5. 大阪・吉村知事のうがい薬使用呼びかけに苦情殺到 府に1日で450件

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです