メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ワイド視聴室

1945ひろしまタイムライン もし75年前にSNSがあったら 当時の日記でたどる8月6日

1945年の日記に書かれていた場所を訪ね、筆者の気持ちを考えるプロジェクト参加者=NHK提供

 戦争中にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)があったら、人々は何をつぶやいただろうか――。そんな発想から、NHK広島放送局は、1945年の広島で書かれた3人の日記を現代の言葉に書き直し、ツイッターで毎日つぶやくプロジェクト「1945ひろしまタイムライン」に取り組んでいる。番組は、プロジェクトの舞台裏を紹介しながら、ツイッターで発信した「つぶやき」を基に、原爆投下までの数カ月間の暮らしぶりを伝える。

 つぶやきを発信しているのは、10~40代の広島の在住・出身者計11人。3班に分かれ、13歳の男子中学生▽26歳の主婦▽32歳の地元新聞記者――の日記を読み、現代人の心に響く言葉で表現する。

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文550文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 残業176時間「ごめん、辛抱できん」 近大職員が自殺 労災認定求め国提訴

  2. 緊急事態、愛知県が独自宣言 6~24日 不要不急の県境移動自粛を要請

  3. 都内でも「うがい薬は売り切れ」の張り紙 一夜にして店頭から消えた 「吉村知事会見」を考える

  4. 大阪で新たに196人感染 過去3番目の多さ 障害者施設でクラスターか

  5. 福岡県「飲み会は2時間以内」「2次会控えて」 コロナ警報を発動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです