メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岐路の風景

白洲正子『かくれ里』半世紀 高度成長期、近畿の村里を探訪 信仰の原風景、連綿と今も

須賀神社を参拝する大橋延行さん。石段から先は土足厳禁とされ、白洲正子は時雨にぬれた石の冷たさを「村人たちの信仰の強さとして、私の肌にじかに伝わった」と書いた=滋賀県長浜市西浅井町菅浦で2020年7月16日午後3時22分、中本泰代撮影

 随筆家、白洲正子(1910~98年)が街道筋から外れた村里を巡った紀行『かくれ里』。71年の出版から半世紀を経てなお私たちを魅了する。24章のうち8章が書かれた滋賀で、白洲が時代に問うたものを見つめた。【中本泰代】

 64年秋、白洲は東京五輪に沸く世間を尻目に、西国三十三所観音霊場の取材に出た。近江の山の上から、田んぼの中を走る新幹線を見て優越感に浸ったという。「お前さんはすぐ古くなるだろうが、こっちは千数百年を生きた巡礼をしてるんだ、ざまぁ見ろ、といいたい気分であった」(『白洲正子自伝』)。この旅で、白洲は憑(つ)かれたように歩き、日本の信仰を体験した。

 その後に取りかかった「かくれ里」は、「芸術新潮」69年1月号から2年にわたり連載された。白洲は近畿と周辺の村里を訪れ、受け継がれてきた能面や仏像、あるいは祭りや伝承、習俗と出合った。風土と折り合い、生命と歴史をつないできた人々の営みに、白洲は信仰の本質を見た。

この記事は有料記事です。

残り1246文字(全文1658文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  2. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  3. ハートマークの数で分類 感染者出たススキノ店舗名 札幌市の内部資料が流出

  4. 新型コロナ 京都の保育士ら、新たに27人感染 府内903人に /京都

  5. 大阪・吉村知事のうがい薬使用呼びかけに苦情殺到 府に1日で450件

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです