障害者の夢を乗せ「Take off」 ドローン技術指導で就労支援 神戸の団体

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
講習会に参加し、声でドローンを操縦する福岡伸治さん(右)=神戸市北区で2020年7月11日午後2時32分、望月亮一撮影
講習会に参加し、声でドローンを操縦する福岡伸治さん(右)=神戸市北区で2020年7月11日午後2時32分、望月亮一撮影

 趣味の空撮から物資の輸送、災害時の人命救助まで、さまざまな分野で活躍する小型無人機ドローン。障害者にドローンの操縦技術を指導する教室が、神戸市北区の総合福祉施設「しあわせの村」で開かれている。障害者の就労支援を目的とした取り組みだ。訪ねてみると、障害を持つ3人が自らの夢をドローンに重ね、大空に飛ばしていた。

この記事は有料記事です。

残り1425文字(全文1580文字)

あわせて読みたい

注目の特集