特集

九州豪雨

2020年6月、梅雨前線の影響で九州各地が記録的な大雨に見舞われました。被害や復興の状況を伝えます。

特集一覧

九州豪雨・球磨川 善意の清流 再起誓うラフティング

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
八代海まで流されて戻ったボートを見つめる大柿文也さん=熊本県人吉市で、清水晃平撮影
八代海まで流されて戻ったボートを見つめる大柿文也さん=熊本県人吉市で、清水晃平撮影

 記録的豪雨で氾濫した球磨(くま)川は日本三大急流の一つとされ、ゴムボートで下るラフティングの名所でもある。流域の熊本県人吉・球磨地域に十数社あるラフティング業者の大半が被災し、休業に追い込まれている。そうした中、人吉市の「球磨川ラフティングクラブ」代表、大柿(おおかき)文也さん(56)は、多くの善意に支えられ再開に向けて歩み始めた。

 熊本県内の市町村で最多の4600棟以上が浸水した人吉市。大柿さんは、泥が残る自宅の軒先で空気が抜けたゴムボートを前につぶやいた。「全部穴が開いてしまった。修理しないと使えない」

この記事は有料記事です。

残り880文字(全文1137文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集