メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

とうほく全国1位探求

秋田・たっぷり8時間睡眠 高齢社会で早寝早起き 通勤時間、寒さも影響?

全国最長の睡眠時間となったデータの背景には深刻な高齢化があるとみられる=秋田市で

 健康な生活を送る上で欠かせない睡眠時間の確保だが、日本で一番よく眠っているのは秋田県民というデータがある。総務省統計局が5年ごとに行っている「社会生活基本調査」の最新版(2016年)では、「睡眠時間たっぷり!?ランキング」で秋田県が1位。47都道府県で唯一、8時間超えとなっている。「日本一眠る県民」の要因はどこにあるのか、探ってみた。【高野裕士】

 同調査によると、1日当たりの睡眠時間の全国平均は7時間40分。一方で秋田県は8時間2分と、平均よりも22分長い。最下位の埼玉県(7時間31分)と比べると、30分以上多く眠っている。

この記事は有料記事です。

残り1212文字(全文1478文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日医会長「訪日外国人患者受け入れ、可能ではない」東京オリンピック開催に厳しい見方

  2. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  3. 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 自民・石原伸晃元幹事長が新型コロナ感染 派閥領袖で初めて

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです