メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

思い出ありがとう 女川小、中 児童生徒ら現校舎に別れ /宮城

現校舎最後の記念撮影で手を取り合う女川中の生徒たち=宮城県女川町の同校で2020年7月31日、百武信幸撮影

 東日本大震災で大きな被害を受けた女川町の中心部に女川小・中学校の新校舎が完成し、現校舎で最後の終業式の31日、女川中と女川小の児童生徒がそれぞれ、思い出の詰まった学びやに感謝と別れを伝えた。

 両校舎はそれぞれ町の中心部を見下ろす高台にあり、震災の津波は及ばなかったが、自宅を流された児童生徒や住民が一時避難するなど、被災の記憶を歴史に刻む。元々は女川中が1967年に完成した女川一中校舎、女川小は81年建造の女川二小校舎。今夏、小・中併設の新校舎が町役場の向かいに完成し、8月23日の2学期始業式から通学する。

 女川中ではこの日、「校舎お別れ会」が開かれた。生徒会執行部が現校舎に感謝を込めて製作した映像を全校生徒で視聴後、ベランダに並び、現校舎で最後の記念撮影。一斉に教室の方へ振り返り、「ありがとうございました」と一礼した。

この記事は有料記事です。

残り389文字(全文754文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 大阪で過去最多23人死亡 新型コロナ 新たな感染者は357人

  3. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約内定から見えてきたこととは

  4. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです