メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 感染防止に配慮、避難所開設訓練 災害に備え柴田町 /宮城

感染防止用のテントを設営し、滞在スペースの間隔を空けて避難する避難所開設訓練の参加者=宮城県柴田町の船岡生涯学習センターで

 柴田町は豪雨災害などに備え、新型コロナウイルスの感染防止対策を取り入れた避難所の開設訓練を行い、町職員や自主防災組織のメンバーら約60人が参加した。

 訓練では、受付で検温と体調のチェックをする▽発熱が確認されたら専用スペースに案内する▽滞在スペースの間隔を1メートル以上空ける――などの対策が説明された。参加者は、避…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文398文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 櫻井翔、二宮和也からの大量の“迷彩マスク”プレゼントに「ありがとうございます!」

  2. 名古屋市消防局が救急搬送の2人、心肺停止に ベッド満床で受け入れ先見つからず

  3. 駿河湾に1メートル超の深海魚 「ヨコヅナイワシ」と命名 海洋機構ら研究チーム

  4. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです