メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

75年目の夏、戦争4作品 きょうから高崎で上映 /群馬

「野火」の一場面。(C)SHINYA TSUKAMOTO / KAIJYU THEATER

 高崎電気館(高崎市柳川町)は1日から23日まで、戦争をテーマにした映画の特集「終戦、75年目の夏。」を開催する。上映されるのは、「ひろしま」(1953年、関川秀雄監督)=デジタルリマスター版▽「東京裁判」(83年、小林正樹監督)▽「野火」(2015年、塚本晋也監督)▽「彼らは生きていた」(18年・英国、ピーター・ジャクソン監督)――の4作品。それぞれの見どころを紹介する。【増田勝彦】

この記事は有料記事です。

残り710文字(全文904文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  2. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  5. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです