メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 岐阜市、経済対策など9事業 消費喚起や新婚支援へ /岐阜

記者会見した柴橋正直岐阜市長=市役所で

 岐阜市は7月31日、新型コロナウイルス感染拡大を受けた経済支援策などとして、市内でキャッシュレス決済を利用した際に20%のポイント還元を受けられる消費喚起策など九つの事業を発表した。予算総額約10億8700万円を同日付で専決処分した。

 ポイント還元は、10月に市内の店舗やタクシーなどで、QRコードを使ったキャッシュレス決済を利用した市民に対して、利用額の20%相当のポイントを付与する。適用対象となる店舗や還元額の上限は今後決める。予算は8億1000万円。

 また、結婚に伴う経済的負担を軽減するため、今年1月~来年2月末に結婚した夫婦を対象に、補助金を支給する。対象は、住宅の購入費▽新居の賃料、敷金、礼金、共益費など▽引っ越し費用――で、上限は30万円。受けるには、昨年度の所得合算額が340万円未満▽夫婦ともに婚姻時に34歳以下▽補助金を受けてから2年以上市内に住む意思がある▽岐阜市の住宅取得購入助成を受けていない▽市税を滞納していない――ことが条件…

この記事は有料記事です。

残り149文字(全文579文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 南西諸島でゴキブリ新種見つかる 国内で35年ぶり 多様性解明に一歩近づく

  2. 大学爆破予告容疑で阪大院生を再逮捕 「恒心教」名乗り繰り返す? 警視庁

  3. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  4. 三菱重工広島が初回に2点先制 松永、松原が連続適時二塁打 都市対抗

  5. 東京都、飲食店などに時短要請へ 25日午後5時からの記者会見で公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです