メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豪雨被災者に市営住宅提供 神戸市、最大50戸 /岐阜

 神戸市は、7月に九州地方などを襲った豪雨災害の被災者に市営住宅を提供する。入居期間は原則1年間で、家賃は全額免除。最大50戸程度を用意しており、22日から先着順で受け付けを始めた。

 提供する住宅は北、垂水、西区が中心で、間取りは2、3DKが多い。共益費や光熱費は入居者が負担し、敷金と保証人は不要。…

この記事は有料記事です。

残り93文字(全文243文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「西大寺会陽」無観客で開催へ 日本三大奇祭の一つ 「宝木」争奪戦も中止 岡山

  2. 安倍前首相、自身への事情聴取要請「聞いていない」 「桜」前夜祭

  3. 新型コロナ GoToトラベル延長 来年6月まで 政府方針

  4. 新型コロナ GoToトラベル 東京発着解約、13日まで無料

  5. 安倍前首相本人に任意聴取を要請 「桜を見る会」前夜祭 東京地検特捜部

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです