メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

異例の1学期 各地で終業式 「夏休み、短いけど楽しみ」 伊賀・阿山小、校内放送で校長あいさつ /三重

 伊賀市立の10中学と20小学校で31日、終業式があり、1日から当初計画より11日遅れの夏休みが始まる。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で起きた授業時間不足を補うため夏休みが20日間短縮された。ようやく訪れる夏休みを子どもらは「短いけど楽しみ」と話すが、休み中に訪れる先は近場が多いようだ。2学期は本来より9日早く19日に始まる。

 阿山小(馬場、247人)は児童を集めず、林﨑勉校長が校内放送で終業式のあいさつをし、子どもらは各教室で聴いた。

この記事は有料記事です。

残り578文字(全文800文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  2. ORICON NEWS ホリプロ、舞台『アクタージュ』の今後は「改めてご報告」 原作者が逮捕報道で事実確認中

  3. 「崖暮らし」の子ヤギ 「ポニョ」と呼ばれ人気者に 救出作戦練る飼い主 千葉・佐倉

  4. 沖縄県、新たに159人感染 過去最多を更新 新型コロナ

  5. 疫病と人間 第2波は?「喉元過ぎれば熱さ忘れる日本人」の弱さ 岩田健太郎・神戸大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです