メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わが町にも歴史あり・知られざる大阪

/535 東高野街道/31 /大阪

草に覆われたホーム跡に石碑が二つ。その向こうにトンネルが残る=東大阪市日下町1で2020年5月8日午後1時20分、松井宏員撮影

 ◆東大阪市

 東高野街道からは外れるが、前々回でちょっと触れたので、近鉄孔舎衛坂(くさえざか)駅跡を訪ねてみよう。

 近鉄石切駅で降りて北側の住宅地を歩く。生駒山地のふもとなので、けっこうな急勾配を上っていく。数分でフェンスに囲われた駅の跡にたどり着いた。

 コンクリートのプラットホームが残っている。山がのしかかるように背後に迫る。かつての線路跡は住宅地になっていて、小さな公園には「天空(そら)の街公園」の木札が建っている。天空の街とは、ちと大げさなと思ったが、改めて眼下を眺めれば、大阪の街が一望できる。

 孔舎衛坂駅は1914(大正3)年7月開業。近鉄の前身の大阪電気軌道(大軌)がこの年から営業を開始した上本町―奈良間の路線の駅で、当時の名称は日下駅だった。4年後に鷲尾駅に名称が変わり、孔舎衛坂駅になったのは40(昭和15)年のこと。

この記事は有料記事です。

残り1260文字(全文1630文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  3. 4万人までの1万人増は9日間で 初感染者から1万人と比べペース10倍に

  4. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  5. PCR陰性の20代を誤って陽性者の宿泊施設に 福岡市が陳謝

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです