メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

工藤会捜査、緊迫の現場 文春新書「県警VS暴力団 刑事が見たヤクザの真実」 元県警幹部・藪さんが出版 /福岡

暴力団捜査の内幕を描いた本を出版した藪さん

 県暴力追放運動推進センター(福岡市博多区)専務理事で元県警幹部の藪正孝さん(64)が「県警VS暴力団 刑事が見たヤクザの真実」(文春新書、272ページ)を出版した。特定危険指定暴力団「工藤会」(北九州市)への捜査の内幕を描く一方、現代の暴力団事情も分かりやすく解説している。

 藪さんは暴力団対策部副部長などを歴任したその道のエキスパート。工藤会捜査に長く携わり、本にも当時のエピソードをふんだんに盛り込ん…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文508文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  2. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  5. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです