メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

工藤会捜査、緊迫の現場 文春新書「県警VS暴力団 刑事が見たヤクザの真実」 元県警幹部・藪さんが出版 /福岡

暴力団捜査の内幕を描いた本を出版した藪さん

 県暴力追放運動推進センター(福岡市博多区)専務理事で元県警幹部の藪正孝さん(64)が「県警VS暴力団 刑事が見たヤクザの真実」(文春新書、272ページ)を出版した。特定危険指定暴力団「工藤会」(北九州市)への捜査の内幕を描く一方、現代の暴力団事情も分かりやすく解説している。

 藪さんは暴力団対策部副部長などを歴任したその道のエキスパート。工藤会捜査に長く携わり、本にも当時のエピソードをふんだんに盛り込ん…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文508文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに151人コロナ感染 重症者は70人で過去最多

  2. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  3. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  4. 「次期総裁は岸田氏か石破氏」 小泉純一郎元首相と山崎拓氏が一致

  5. 靖国参拝の小泉進次郎氏「大臣になってもちゅうちょなかった」 4閣僚が参拝

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです