メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

最低賃金、今年度は現状維持? 国審議会「目安」示さず コロナ響き異例の判断=回答・矢澤秀範

中央最低賃金審議会の小委員会=東京都内で7月22日

 なるほドリ 今年度の最低賃金(さいていちんぎん)について、国の審議会(しんぎかい)が引き上げ額を示さなかったと聞いたよ。どういう仕組みなの?

 記者 最低賃金とは労働者を雇(やと)う企業(きぎょう)が支払(しはら)わなければならない賃金の下限です。時給で表されます。各地の賃金実勢に応じ、都道府県ごとに毎年改定しています。しかし地方の議論だけで決まるのではなく、先に労働者側の代表と経営者側の代表、中立的な有識者からなる「中央最低賃金審議会」が7月下旬(げじゅん)、指標となる目安額を決めます。今年は「現行水準維持(いじ)が適当」と目安を示…

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文677文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに151人コロナ感染 重症者は70人で過去最多

  2. 「逮捕は時間の問題」「抗議運動、続けていく自信はある」香港の民主活動家・黄之鋒氏 覚悟を語る

  3. 渡辺が初の名人位奪取 4勝2敗で豊島降す 現役最多の3冠に

  4. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  5. 天然アユ食べて健康な目に 病気予防の色素豊富 岐阜薬科大グループ発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです